カテゴリー別アーカイブ: 長い長い片思いの結末

長い長い片思いの結末

6年以上片思いしていた人がいました。
彼は小学校の時の同級生。小学生の時は意識した事はなかったのですが、別々の中学に進み、偶然同じ塾に通うようになってから気になりだしました。
とは言っても、彼とは別のクラスだったので、話す機会は全く無く。たまにすれ違うぐらいでした。
偶然同じ塾になった事や、なかなか喋れないというもどかしさが、恋心を加速させていただけかもしれません。

私は中学、高校、短大と女子校でした。
その為、男子との接点は塾ぐらいしかなく、好きな人が出来るきっかけもほとんど無いような学生時代を送っていました。
その彼の事をずっと想っていたのも、特に他に好きな人がいなかったからだと思います。

高校生になり、塾も変わってしまい、彼と会う機会も無くなりました。
しかし今度は、図書館の自習室で偶然会うようになったのです。
単に狭い田舎だからなのに、運命的なものすら感じていました。

友達に背中を押され、ラブレターを書きました。
そして図書館で渡そうとすると..
まだ手紙を読んでもいないのに「ごめん。彼女がいるから」と言われてしまいました。
何となく雰囲気でラブレターだと気付かれたのでしょう。
その時はすんなりと諦めがつきました。

それから20歳になり..
小学校の同窓会がありました。埋めたタイムカプセルを掘り起こすというものです。
その後、食事会があり、遠巻きに彼の事を見ていましたが、会話する事もありませんでした。
もうその頃には、私も何度か恋愛を経験していました。

しかしその同窓会から数日経った頃、突然彼から電話がありました。
「同窓会で会って綺麗になってたから、2人で会いたいと思った」と。
その頃には彼に対しての恋愛感情はありませんでしたが、とても嬉しかったのを覚えています。

後日、彼とはデートをしました。
その恋は成就はしませんでしたが、良い思い出です。