同じ部活の女子に片思い

高校生ぐらいの時の話です。僕は吹奏楽部へ入部していました。中学生のころから吹奏楽をやっていたため、高校生になっても続けていました。なので、けっこう上手なほうかなと自分では思っていました。田舎の高校なので、みんな顔見知りといういか、知っている人ばかりです。僕の片思いの子も中学生の頃はバレーをやっていましたが、けがをしたのをきっかけに高校からは吹奏楽部に入部しました。その子はきれいとは言いませんが、とてもかわいらしい子でした。僕ととても相性が良かったんだと思います。話も合いますし、漫才のような掛け合いがその子とだけはできました。僕自身はそんなに女の子を得意としてなかったので、話しかけるのもなかなか難しい感じでしたが、本当にその子だけは違いました。話していて楽しいし、気楽だったんでしょうね?そんな彼女が好きになりました。ただ、話をしているだで、楽しかった僕は付き合うっていうところまでいけませんでした。今思えばもったいないというか、勇気がなかったんでしょうね?恥ずかしさの方が付き合うより気持ちが上でした。好きっていう気持ちを伝えておけば良かったと今では後悔しています。僕も30歳になり、同窓会とかで、その彼女にあうことがあるのですが、昔よりもきれいになっていて、幸せそうでした。そんな彼女もみているだけでも、僕も幸せでしたが、ちょっぴり寂しくもありました。そんな高校生時代の淡い思い出です。今でも少しは好きなんだとは自分でも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>