初恋ってなぜこんなにうまくいかないの

私が初めて人を好きになったのは中学生の頃でした。一目ぼれなんてしたことないどちらかというと淡白な私が好きになった人は同じ部活の先輩です。顔は可もなく不可もなくですごく女性から人気があるタイプではありません。でも先輩はさりげなく優しくしていくれるところや人一倍努力家なことで身近にいる人を魅了する何かがありました。そのおかげで同じ部活には案外ライバルが多かったです。知れば知るほど私は先輩のことが好きになっていました。
私が先輩を好きになったきっかけはコンクールで大失敗してしまったときに先輩から慰めてもらったからです。その時の先輩は人一倍優しくて静かに私の話を聞いてくれて「頑張った頑張った」と頭をポンポン叩いてくれました。このしぐさにとてつもない安心感を感じてそこから先輩のことが頭から離れなくなりました。気づいたら落とされていたという感じです。淡白な私が初めて好きになった初恋の相手でした。
告白するかしないかで迷いながら毎日部活に通っていました。意識したら意識するほど先輩が遠のいていくのが辛かったです。こちらから先輩をなるべく避けていたので、先輩はおそらく私に嫌われていると勘違いしたのではないでしょうか。必要以上に近寄ってこなくなりました。それがすごく悲しくて自分の行動が嫌になりました。なぜ素直に行けないんだろうとすごく悩みました。
そうこうして悩んでいる内にショックなことが起こりました。それは先輩に一つ年下の彼女ができたのです。そうです。私と同い年の彼女でした。彼女は私と同じクラスで席も近かったです。部活は違ったのでどこで知り合ったのかは分かりません。でも二人が一緒にお昼を取る姿は何度か見たことがあります。その度に胸がすごく痛みました。もう少し早く告白していたらどんなに良かったでしょうか。二人が別れたら告白しようと心に決めたのに先輩は卒業するまで彼女と別れませんでした。初恋は実らないといいます。でもどうしても実らせたかったです。今でも後悔して止まない初恋の思い出です。

片想いだけれど、ドキドキしっ放しの毎日。

少し前からなんですが、凄く気になる人が居て贅沢ながらも困ってます。恋愛とか面倒だから良いっすわー、と苦笑いしてただけではなく一人暮らしが長くて料理とか何でも出来る人なのでとても私の入り込む隙間は無いんですけども。しかも完全引きこもりな私と違って相手はかなりのアウトドアなので、絶対にアウトな相性なのにも関わらず惹かれてしまったんですよね。

元々頼りないながら立場上は若干上司なのですが、それでも何かと私のところに質疑なんかに来てくれるんですよ。まぁそれは仕事上仕方無いからなぁごめんね、と謝りながらちょっとニヤニヤしてるのは否定出来ません。勿論職場では、他の人と差が付かない様に留意してますが(最低限の場所は弁えないと、1番痛々しいですからねぇ)。

先日は何人かで飲み会に行くって話になって、やっぱりそういう場が苦手だから避けようとしたのですがその人に釣られて行く羽目になってしまったり。普段はかなりラフな格好の人なんですが、飲み会の日はジャケット着て来るからと謎の宣言をされてしまったら行くしか無いじゃありませんか!

…どうやら、聞いてみたら私の反応が面白いから多少出来る範囲でならそういうノリに付き合ってくれるようです。まるで焦れったい片想い同士のコンビに見えますが、それは考え過ぎだろうと堪えてます。

流石に壁ドンはリクエスト出来ませんが、ギャルゲーや乙女ゲーなどで萌えを理解している人なので何かとやられっ放しで毎日悶えています。

怖いのは山々ですがそれを勘違いして一線を踏み出さない様にしなきゃ痛い目を見るな、と自戒しながらこの微妙な関係を楽しんでいます。

しかし、この関係を友達と呼ぶには少し違う気がして一体何なんだろうと疑問を抱いてしまう事は数知れず。かなり顔に出てわかりやすいので、本人に気付かれてそうな予感は多々あるのですが指摘されない限りは甘えてこのままで良いかなと最低な立ち位置に甘んじてます。

向こうが合わせてくれてるのかも知れませんが、2人で組んで何かをするのも凄くやり易くて楽なんですもの。ま、楽さを求めてしまう時点で恋愛じゃ無いのかもわかりませんがね。

安心感とドキドキを恋愛に求めてると、その人のバランスが理想過ぎて大変です。

年下の彼に片思いをしていました

はじめまして40代の女性です。恋って生きて行く上で絶対に必要な物だと思います。もしその恋がたとえ片思いだとしてもです。片思いって苦しいこともありますけど、嬉しいことも沢山あります。
たわいの無い話をしている時や仕事の話でも、相手の目の中に自分が映っていると思うだけで、凄く嬉しくなってきてしまいます。

私は30代前半の頃に、一回り以上も年下の男性に片思いをしていました。端正なルックスで声がとてもセクシーな魅力的な男性でした。
世渡り上手で、周りの人と直ぐに仲良くなれる明るい性格の彼に、憧れていました。彼は職場の後輩で部署は違いましたが、週に3~4回くらい顔を合わせていました。
話が合い仕事のつらさも吹き飛んでしまうほど楽しかったです。彼とは誕生日も近かったので、更に親近感が沸くようになってきました。、

日に日に仲良くなり、彼から差し入れが届くようになったり、食事のお誘いが来るようになってきたのです。
そんな日が続き、気づいたら彼のことが大好きになっていました。彼に会える日は、とことんお洒落をして彼からもっと好かれるように頑張りました。皆が見ている前で、抱きついたりしたこともありました。
段々と気持ちが盛り上がってきたある日、彼が女性と手を繋いで歩いているのを、偶然見てしまったのです。物凄くショックを受け、彼の共通の友人に聞いてみたら、二人は付き合っているとのことでした。
彼には私が年上過ぎて、お姉さんのように思われていたのかもしれませんね。

人生最大の片思いでした

彼は同級生でご近所さん、保育園と小学校が一緒でした。その時はまったく御縁がなかったのでしょう。同じクラスにもなりませんし、話をしたこともありません。
高校生の時はお互い電車で通勤していましたから、時々姿をみるものの話をしたことがなく。それからお互い県外の大学へ進みました。卒業後お互い地元に戻り、やはり
小学校の同級生の誘いでスキーに行くことになりました。男性陣の中心は彼、女性陣の中心はスキーへ誘ってくれた友達です。それから何度かスキーへ行き、彼がこんなに
アクティブでスポーツマンで頼りになる存在であるとは気がつきませんでした。それからだんだん彼に対する思いが強くなりましたが、彼には遠距離の彼女がいるとの噂がありました。しかし家も近いこと、遠距離な彼女ということもあって、彼はどんなつもりで誘ってくれていたのかわかりませんが、二人で出掛けることもしばしばありました。
なので私の思いはつのる一方だけれども、彼に合わせるのみで彼に会いたいというでもなく、こうしてほしいというでもなく、なんとなくうっすら存在する彼女に遠慮している自分がいました。しかしある日思いが爆発してしまい、思いを打ち明け、そして彼に彼女の存在を確認してしまいました。彼曰く、好きだと言われるともう会えないとのことでした。その後はしばらく会わないでいたものの、やっぱり電話をしてしまい、それからまた会ったり会わなかったり、そんな時が数年続き、クリスマスイブ前に電話でまたねといったのが最後で彼とはそのまま会うこともありませんでした。なんとなくうすうすこんな関係ではいけないとお互いに思っていたので。数年続いた片思いですが、それから数十年経った今ではとてもいい思い出になっています。

恋を忘れかけた頃の片思い

大学時代に苦い恋を体験してからもう4、5年が経った頃。
27、8歳になって仕事が漸く落ち着いてきたので、前からやりたかった趣味を始めようと思いました。知人に運よく誘ってもらうことが出来、趣味のサークルを見に行くと、楽しそうに活動をしているところが気に入り、自分も入ることにしました。

そこで出会ったのが彼。もともと出会いを求めて入ったわけではないけど、長く恋人がいないのでもう一度恋をすることはあるのかな、とは思っていたんです。サークルに通うようになって楽しく活動をしていくうちに、だんだん周りの人となりが分かるようになり、その彼のことも知っていきました。
彼は、自分から積極的に行動をするタイプではないけど、サークルの中でも優秀で一目置かれるような人でした。
年下だったので最初はまさか好きになるとは思わず、かわいいな、と思いながら見ていました。
それが、接していると嫌なところが見つからず、謙遜するのにそれ以上の才能を持っているので、自分の中で他の人とは違う特別な感情を抱きました。こんなタイプの人と出会うのは初めてだったのでいつの間にか気になる存在になっていったのです。
何日も自問自答して、これは好きなのだろうか、それともかわいらしいと思ってるだけなのかと思いました。
久しぶりの恋に今までどうやってアプローチしたのかも忘れたし、私のことをどう思ってるのだろう、年上は嫌かな、など今まで普通にしていたのに、気になりだしてしかたありませんでした。
私は駆け引きが苦手だったので、一緒にいるときは自分が彼を好きなことを純粋に表現しました。
相手がもし嫌がっていたらそれはそれで諦めようと思っていましたが、何となく彼も私のことを好意的に見てくれていることを感じたので、
ある時自分の思いをぶつけ、私の片思いは両想いに変わったのでした。

同じ部活の女子に片思い

高校生ぐらいの時の話です。僕は吹奏楽部へ入部していました。中学生のころから吹奏楽をやっていたため、高校生になっても続けていました。なので、けっこう上手なほうかなと自分では思っていました。田舎の高校なので、みんな顔見知りといういか、知っている人ばかりです。僕の片思いの子も中学生の頃はバレーをやっていましたが、けがをしたのをきっかけに高校からは吹奏楽部に入部しました。その子はきれいとは言いませんが、とてもかわいらしい子でした。僕ととても相性が良かったんだと思います。話も合いますし、漫才のような掛け合いがその子とだけはできました。僕自身はそんなに女の子を得意としてなかったので、話しかけるのもなかなか難しい感じでしたが、本当にその子だけは違いました。話していて楽しいし、気楽だったんでしょうね?そんな彼女が好きになりました。ただ、話をしているだで、楽しかった僕は付き合うっていうところまでいけませんでした。今思えばもったいないというか、勇気がなかったんでしょうね?恥ずかしさの方が付き合うより気持ちが上でした。好きっていう気持ちを伝えておけば良かったと今では後悔しています。僕も30歳になり、同窓会とかで、その彼女にあうことがあるのですが、昔よりもきれいになっていて、幸せそうでした。そんな彼女もみているだけでも、僕も幸せでしたが、ちょっぴり寂しくもありました。そんな高校生時代の淡い思い出です。今でも少しは好きなんだとは自分でも思います。

大好きだった片思いが結婚のきっかけに

現在結婚して1児の母のわたし。

実は結婚のきっかけは高校当時の片思いの思い出にあります。

結婚するずっと前の話。高校生くらいの時から3年間ずっと同じ人に片思いしていました。
今も忘れられない恋愛です。

彼は地元が同じで、中学からの同級生でした。だけど、その当時はそんなに親しかったわけでもなく、ただの同級生って感じでした。
高校に入学してしばらく経ってから共通の友達を通してみんなで遊ぶようになり、だんだんと連絡を取り合ったり、たまに二人で
遊ぶようにもなりました。

彼はぱっと見そんなにカッコイイわけでもなく、普通の感じでしたが、とにかく女心がわかるというか、
自然と誰とでも打ち解けられるような人で、二人で遊んでいても、電話していても、とにかく一緒に過ごす時間がとても楽しいのです。
わたしはそんな彼の魅力にやられ、大好きになりました。

だけどそんな彼だからこそ、やっぱり他の女の子にもモテるのです…
二人で遊んでいる時も女の子から電話がかかってきたり…そんな事がよくありました。
わたしが友達としてしか見られていない証拠なんですけどね…。

どうしても彼を振り向かせたくて、わたしの事を恋愛対象として見てほしくて、
当時、髪を染めたり、日焼けサロンに行っていてギャルっぽかったわたしですが、
彼の好きなタイプが清純派なのを知ると髪を黒く染めなおしてみたり、メイクもナチュラルに変えてみたり…
とにかく彼の好みに近づきたくて、色々やっていました。

結局、彼とは友達以上の関係にはなれなっかったです…
今はお互い、結婚して子持ちになりました。
だけど、初めてあそこまで人を好きになれた事はわたしの誇りで、今もとても大切な思い出です。

就職した会社での片思い。

社会人になり、とある商社に就職が決まりました。
研修が終わるまでは緊張の連続で、覚えることがとてつもなく沢山あり毎日肉体的にも精神的にもクタクタでした。
会社の一通りの業務が理解できて、やっと慣れ始めてきたのは入社して半年経ったころでしょうか?

それと同時に気になる人が出来てしまいました。他部署のTさんです。
入社して10年ほど経つ30代前半の方でした。
細身で、センスの良いスーツ姿と清潔感、それなのにどこか男気溢れる一面があり
彼がうちの部署に来るだけでドキドキしてビリビリ緊張が走る。
他部署なのに「新人ちゃんたち頑張ってるね」と優しい言葉をかけてくれる人でした。

周りの人に気づかれない程度に気になるTさんのことを こっそり情報収集する日々。
どんなブランドが好きだとか、休みの日は何をしているとか、どこのレストランが好きだとか
とにかくTさんについてなら何でも知りたい!そんな毎日でした。
いつ、Tさんがうちの部署に来てもいいように毎日の通勤服にも気を使っていました。

そんなある日、部署のちょっとしたトラブルで契約している倉庫へ新人数人で行かされました。
商品のラベルに誤りがあり、倉庫の作業者の応援部隊としてラベルの張替えに駆り出されました。
作業は丸一日。冬で本当に寒い寒い日でした。
やっと作業が終わってクタクタで会社へ戻ると、なんと私のデスクに座っているTさんが!
Tさんは同期である、うちの部署の人と楽しそうに話をしていました。
「おっ新人ちゃんお疲れ!本当にありがとうな」と優しい笑顔のTさん。

その夜、奇跡的にTさんに食事に誘われました。
でも、その席でTさんには彼女がいて そろそろ結婚する予定だと聞かされました。
しばらくしてTさんはめでたく結婚。私の恋は終わりましたが、今でも変わらず素敵なTさんがこっそり好きです。

容赦なく銅を打ち込む彼に片思いした

私は高校生2年とき、体育で剣道を選択しました。剣道は初めて習うのでドキドキしながら、面をつけた思い出があります。なんとか防具もつけ終わり、体育館を見渡してみると姿勢の良い1人の男子がいました。彼からは他の人にない余裕が漂っていて、とくに目を引きました。後から知ることになるのですが、彼は剣道部だったのです。週4回ぐらいの頻度で授業があり、少しずつ様になってきた頃のことです。担当の先生が「今日は21日だから、出席番号21番出てこい!胴撃ちの練習台になれ。」「○○!ちょっとこい。お前、剣道部だから見本をみせてみろ!」言いました。私は21番で嫌な予感もしつつ、言われたとおりに前へ出ていきました。こちらは女子だし、相手は男子だし剣道部だから本気では打ってこないだろうと思っていたのに、彼は容赦なく銅を打ち込んできたのです。その凄まじい殺気、銅を打つ音と衝撃、手加減いっさい無しでした。そのあと、銅についていたひもがなんと切れていました。その日以降、わたしは授業があるたびに彼の存在が気になり仕方なくなりました。見れば見る程、剣道着の彼は素敵でかっこ良かったです。たぶん、銅を打たれた日から心を奪われてしまったのでした。そんなある日、下校時に彼とひとつ先輩が一緒にあるいている姿を見かけました。そうです、彼らはつきあっていたのでした。そんな私の高校生の片思いは、あっけなく終わったのでした。今でも、姿勢のよい剣道着の姿が目に浮かびます。

私の片思いの想い出は、会社での同僚、仕事のパートナー的存在でした。

私の仕事は、男性と同じ総合職で、実績とキャリアも積んできたので、仕事場ではかなりハードに、そして真剣に取り組んでいたのです。

同じ仕事をしている同僚はほとんど男性で、プロジェクト毎にチーム化されるので、10人の中に女性は1人という感じで、本当に男性と混ざって仕事をしていました。
なので、仕事場では、ライバル視はしても、異性を意識する余裕や雰囲気はまったくなかったという感じでした。

でも、短期間でイギリス支社へ赴任している男性スタッフが、あるプロジェクトの為に帰国して一緒に仕事をすることになりました。

久しぶりに会った彼は、イギリスで相当苦労や経験を積んだようで、かなりスタイリッシュでいい感じなビジネスマンになっていたのです!

プロジェクト内でこんな気持ちになるなんて!!
私は自分がすっかり彼の虜になってしまったことにびっくりしつつも、彼が日本に帰国中に、そのプロジェクトの結果をなんとしても出さなくてはならなくなったのです。

そうすると、時間にリミットがあるので状況はとてもハードな仕事になってきて、残業がえりに夕食や一杯飲みに…なんていう雰囲気は、まったく無い状況の職場なのです。
仕事ばかりで面白くない職場…というよりも、どちらかというと個人の専門性で仕事を仕上げて、研究室のような感じなので、連携をしてというタイプの仕事でもないので、接点が持ちにくい感じです。

でも、私は元来の積極派なので、彼が日本にいる間に告白をしたいと心に決めたのです。
自分としては、イギリス仕込みの彼のスタイルや言動が、とても気に入ってしまい、なんとしてもこの期間に距離を縮めたいと思ったのです。
そして、何度か朝のカフェで遭遇した時や、ランチしながらの打合せという機会を経て、私たちはとても良い関係でプロジェクトに向かって邁進できたのです。

でも、やっぱり、片思いでした。
プロジェクトの仕上げまで見えてきた頃、彼の帰国日程が皆に発表されましたが、それは、イギリスでの彼の結婚式に合わせた日程となっていて、上司は招待された…という事を、ミーティング時に聞かされたわけです。

仕事の同志にはなれたけど、本当に片思いの入り口だった…。
やはり、仕事だけでなくプライベートも積極的にしないと、片思いは片思いのままなんだなと思いました。